2006年07月15日

すこし気になっていること

スポーツをした場合、かなり汗をかく。
その場合、電解質もでていくので、お水をのんでも、電解質は補給されず、電解質の濃度はさがる。CaやKがさがるので、こむらがえりをおこしやすくなったり、不整脈もおきやすくなる。
昔は、根性論があって、運動中は水をのむなという指導があったが、これは、まったくのうそということが今は主流で、スポーツの指導者は、適切に(30分に一回とか)水をのませることをすすめられているようである。しかし、この場合、スポーツドリンクであれば電解質を補給できるが、水では電解質が補給されない。だが、スポーツドリンクと水の違いは、吸収の早い遅いでしかないという理解をされているケースもあるようである。
最近、スポーツの最中などの急死の記事などを見ることが多いような気がするが、これは、インターネットなどの普及によってそのような記事が広く報道されるようになったこともあるだろうが、「水をのむように」という指導にかわってきてからということはないのだろうか。水ではなく、スポーツドリンクで電解質の補給も重要ではないのだろうか。水をのませるようになり脱水は改善されているかもしれないが、電解質バランスのことも考慮されたい、、と、私は思う。
posted by MEW at 23:07| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。