2006年08月20日

玄い女神

玄い女神

これも、他の本のなかで出てきた事件で
どういうことなのか知りたくて読みましたが
これは、建築探偵の二冊目なのね。
しかし、う〜ん、この作品は、
推理小説的には、アンフェアな感じ。
読み物としては面白いですが。
もう少し、狩野都とその子供?について
知りたかったなぁ...という不満が残るが。

インド、自分が自分でなかったら
行ってみたいです。
自分が自分でなかったら
バックパッカーもやってみたいかな。



posted by MEW at 18:14| 和歌山 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょう、狩野へ建築しなかった。
Posted by BlogPetのmewmew at 2006年08月22日 13:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。