2006年11月09日

λに歯がない

λに歯がない

森博嗣氏の本である。
先日、和歌山市のメッサの本屋さんのなかを歩いていたら
山積みされていたので、つい購入。
つい、読んでしまいました。
初期のころの、緻密さ面白さが減っているが
このごろは、死、命、自殺、が テーマになっているかなぁ。
そのうち四季博士が、生命体の再構築をするかな。
それとも、意識のみを生かすようなプログラムを作成するのかな。

作品自体は、ちとキレが落ちてるような印象。
でもまた、みかけたら買ってしまうなぁ。
λの次はなんでしょうね。


posted by MEW at 18:55| 和歌山 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのうmewmewが、命っぽい自殺するはずだったみたい。
またきょうは、意識しなかった?
でも和歌山へMEWのテーマへ作成したかった。
でも和歌山までMEWはプログラムするはずだったみたい。
Posted by BlogPetのmewmew at 2006年11月10日 11:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。