2004年10月21日

台風23号でした

午後は、どしゃぶりだし、休診にしようかなと思っていましたが、7時前にくるという人がいたので、とりあえず、息子に受付にすわってもらい(とはいえ、彼はノートPCでネットゲームをしていたような)、一応、開けておきました。
が、ほとんど患者さんは来られず、来られた患者さんも、これはちょっと小児科に...とかでしたね。
で、その7時前にくるというひとは来られず...。まぁいいか。

息子は、開校記念日でお休みだったのに、警報だなんて、ちょっと損?

そういえば、昨日、バイトにでかけるのに、雨だったので、息子を小学校までついでに送って行ったら、校長先生が校門にたってらして、「おはよう〜」って、子供たちを迎えてられました。
そういえば、能開(塾)の先生方も、送って行った時間帯によっては、入り口にたっておられるし、帰りには、出口までついて出てこられ、子供たちに「さようなら〜」って、声をかけておられます。
現場も、頑張っておられる先生方、いっぱいいますよね。

先日、水谷先生の夜回り先生のことを、おすすめという記事にしていましたが、TBいただいた先で、ちょっと、衝撃的なコメントを読みました。
どうも、名前を売るためにやっているのか?という感覚を最初にもった記憶があるのですが、本を読み、TVで水谷先生をおいかけてのドキュメンタリをしているなかで話の録画をみたりしているうちに、それはふっとんでしまいましたが、本当にね、そんなことではなかったのだと、思いましたね。最初に疑ってしまうのが、大人の感覚なのかもね。
何はともあれ、水谷先生のHPから、二冊目を注文しました。

とりあえず、何もしゃべらなくても、子供と一緒にいることが大切ね。
息子が喜んで塾にいくのは、そこに居場所があるからかも。
うちにも居場所はあるけど、もしかしたら、落ち着かないのかもね。
ちと、反省だよ。
posted by MEW at 01:21| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。