2005年07月11日

オレンジレンジのアルバムCD



息子は今日模試だった。
なんだかんだと父も私も多忙だったので
電車でいって電車で帰ってきた。
普通なら、夜8時すぎまでかかるのだが模試だから四時に終わるので
その時間に和歌山まで出向くことができず、電車で帰ってきてもらった。
幸い、私の用事も5時すぎには終わったので、
そこから、懸案の髪を切りに。
息子と私のスケジュールがあわないので、なかなか美容院へいけないのだ。
#私が勝手にいくとおこるのだな、まだ、かわいのだ。
その帰りに、お好み焼を食べに行って、そのあと、WAYへ。
この前から、オレンジレンジのアルバムがでたんだってよといっていたけれど
それがあったので、ご機嫌。
帰りの車で早速きいてました。
当分、運転のBGMは、コレですにゃ。
割と、イイ感じです。


posted by MEW at 02:26| 和歌山 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

迷宮百年の睡魔

ようやく、読み終えました。
おもしろかった。
女王の百年密室 も、読んだはずなのだが、記憶にない。(笑)
その続きらしい。
三部作になっているそうだから、このあと、ラストがあるはずなのね。
たのしみだわ。

女王の百年密室、さがすかなぁ。
どっかに、ハードカバーであるはず。
ハードカバーだったから、おもしろくなかったのだろうか。
今回のは、文庫本なので、気楽に持ち歩けたし、よみやすかったのかも?

発想が面白い。
CPUやHDDと、本体が離れていて、間が電波?
という感じ?(謎)
いやぁ、SFですね。

森博嗣氏の本は面白くて好きだったのですが、
ちょっと、最近、「う〜ん」と思っていましたが
またまた、見直したかも。(^^;
#って、えらそうなかきかたをしてしまひました。ごめんなさい。
posted by MEW at 23:26| 和歌山 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

宇宙戦争

忙中閑あり...というか、なんというか。
バイトが終了してから、息子を塾に迎えにいくまでの間の時間が3時間。
家に帰っても1時間くらいしかないが、用事があるときはそれでも高速で帰るのだが。
今日は、待ち時間にガーデンパレスに行ってみたら、宇宙戦争が同時に4つの部屋でやっており
20分きざみくらいでやっていたため、丁度よい時間があり、観ることに。

う〜ん、トム・クルーズが好きで、観ようとは思っていたのだが、ちょっとパスだったかなぁ。
子役のおんなのこが、往年の安達由美ちゃんによく似ていました。
突っ込みどころも満載ではあったけれど...
たしかに最後はハッピーエンドのような...
でも、考えさせられることもいっぱいあるんだけれど...
どこか、救いがないような印象をうけてしまいましたにゃ。

ネタバレしてはいかんので、まぁ、ここらへんで(^^;
posted by MEW at 23:09| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

ブルータワー

ブルータワー
icon


icon
icon

石田衣良氏の本は、いま、マイブームなのだが、
先日入手してから、かなり持ち歩いて、ようやく読了。
なんとなくIT化の上の記事をよむと、このときはLAST
iconにも興味を示している。
が、すっかり忘れていたなぁ。
近日中に注文するかな....。

icon
icon

ブルータワーは、たしかに面白かったけれど、夢中になるほどではなかった。
やはり、石田衣良氏の本は、池袋ウエストゲートパークが最高。
これが継続してくれているのは、嬉しい。
やはり、連載もので、かなりストーリを苦労したそうであるが、設定は非常に魅力的だけれど、あとあと苦労のあとがみえかくれする感じ。
でも、メッセージ性はある。悪くはないかな。
さて、LASTを買うかどうか....たぶん買うだろうな。
ちょっと、まだ読んでいない本があるので、それをもう少し読んでから。
そうそう、オーシャンズ12のDVDもゲットしたので、時間ができたらXファイルの合間にオーシャンズを巻き戻ししながら見ようっと。(^^)
posted by MEW at 23:20| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

ブック・バトン

ねこ鍋のNYANさまから、じつは、ねころぐへバトンがきたのですが、
内容からして、やはり、ねころぐよりはこちらでエントリーさせていただきます。

●Book reading right now (今読んでいる本)

・ブルータワー(石田衣良)
・医者の仕事(南木佳士)
・迷宮百年の睡魔(森博嗣)

●The last book I bought (最後に買った本)

・迷宮百年の睡魔(森博嗣)

●Five novelists(or writers) I read a lot, or that mean a lot to me
(よく読む、または特別な思い入れのある 5 人の作家、または小説家)

・石田衣良:現在のマイブーム
 
・森博嗣:少し前のマイブーム。森パフェ(ファンクラブ?)入会

・宮部みゆき:もうちょい前のマイブーム。
 
・はやみねかおる:息子の影響。

・有栖川有栖:サイン会にいきました。
 
■Five books  I read a lot, or that mean a lot to me
(よく読む、または特別な思い入れのある5冊の本)

・ダイナミクスのめざすもの:著者のうちの一人で。
・トマト女医の立ち話:自分のコラムの本。ナルシストなもので。
・ジェーン・エア
・風とともに去りぬ
・ガラスの仮面(漫画でもいいよね)

●Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す 5 名)
  これが、とても困ります。(^^;
ミュージックバトンのときに、渡すひとはなし
という終わり方、ちょっとイカス、とは思ったのだけれど。
でもやっぱり、ちょっときいてみたいな、ということで、
酸性のzordさま
ミュウの日記のtanyさま
みゅうのガーデンのみるきいさま
GENのLIFE SIZEのgenさま
まりもねこのまりもさま
に、御願いしてみましょう。
よろしく御願いいたします。m(_ _)m ペコッ
posted by MEW at 00:00| 和歌山 ☁| Comment(16) | TrackBack(5) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

医学生

かなりきれぎれでしたが、ようやく読み終えました。
あの、医学生の数年間がよみがえってきましたね。
解剖にとても焦点があった小説でした。
忘れていた、いろいろな思いや感覚を、少し思い出しました。


posted by MEW at 23:57| 和歌山 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

震える舌

深夜TVで見たので、実は最初からみたわけではない。
つけたら、どうみても破傷風を取り扱った映画なので、観てしまいました。
破傷風なので、光や音を遮断しなければならないため、部屋は真っ暗。
もともと画面が暗いし、映像も古い映画なので雑なので、ちょっと観づらかったけれど
正直で、怖い映画でしたね。
検索をかけたら、疾風怒濤さんの記事がひっかかってきました。
感想はほぼ同じ。

見ている方はあまり救われた気持ちにはなれず、もう2度とこの映画は観ようとは思わない…良く出来た作品であることは間違いないのだけれど。


と書かれてある。
まさにそのとおり。

ちょっと以下にネタバレ風のことを書きます。

ネタバレありの追記
posted by MEW at 09:51| 和歌山 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

岩合さんの写真集

ある方かた岩合さんの日本の猫という写真集をお借りした。
う〜ん、素晴しい。
おかりしたのは、これ。
ニッポンの猫
icon

icon
icon


ということで、岩合さんの猫写真集を。
ニッポンの猫
icon

icon
icon

地中海の猫
icon

icon
icon

地中海の猫
icon

icon
icon

ちょっとネコぼけ
icon

icon
icon

きょうも、いいネコに出会えた ニッポンの猫写真集
icon

icon
icon

猫さまとぼく
icon

icon
icon

海ちゃん ある猫の物語
icon

icon
icon


どうしよう。
どれを注文しようかなぁ。う〜ん...

日本の猫 POSTCARD BOOK
icon

icon
icon
これは絶版らしい。重版も未定。

posted by MEW at 01:28| 和歌山 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

PINK

先日本屋さんで、ひさびさに柴田よしきさんの本をGET.
PINK
icon

icon
icon

前半がITも盛り込まれ面白かったのだけれど
最後の謎解きあたりが、いままでになく、ちょっと。

猫シリーズのほうが面白いかな〜。
posted by MEW at 00:08| 和歌山 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

ミリオンラダラーベイビー

クリントイーストウッドは、むか〜し、むか〜し、好きでした。
西部劇かなんか(だったとおもう)で、ざっ、ざっという音をたててジーンズ(か?)をはくところが、カッコイイなんて、小学生のころに思っていた、と、思う。
父が映画好きだったから、TVでも西部劇とかみていたような気がします。
多分、そのせい、かな。

宇宙船にのってでていく物語、最近だったかな、あれもよかった。
スペース カウボーイ でした。
おもしろかった。

ミリオンダラーベイビーは、当初は、めっちゃ面白いサクセスストーリ
でも、昔の映画ならまだしも、最近の映画だから、これでおわるはずはない〜
と、思っていた...
まさに、直感的中〜
でも、ここからさきはネタバレになるわ〜。ネタバレOKなひとはここをクリック〜
posted by MEW at 21:24| 和歌山 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

報道劇場  白衣の禅僧“僧医”生と死を語る

再放送かな、以前にも見た内容。
私は僧ではないけれど、弁天宗の信仰をもち
というか、母が弁天宗の信仰をもったことによって、私がさずかったという経緯があるくらい
生粋の弁天宗の信者でもあり、母も得度をうけさせていただいているし、仏教とは縁なき衆生ではないつもりである。
その教えが沁みついた心根のまま、医学を学び、医師にならせていただいた。
天職、と、思っている。
人間を相手にさせていただくのであると、思っている。
そうはいえ、なかなか人間ができていないので、できていな自分に直面する毎日ではあるが。
今見ている番組であるが、私にとって、とても興味ある番組である。
こころも、からだも、総合して診ることが重要と、私も思っているのだ。
posted by MEW at 01:26| 和歌山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

オペラ座の怪人DVD予約〜



tanyさまんちで発見!

それにしても、早いですねぇ。
でも、これくらいの速度でないと、買う気がうせる人が多くなるかも?
posted by MEW at 02:36| 和歌山 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

キングダム・オブ・ヘブン(30分欠け)

オーランド・ブルーム主演〜ということで、気になっていたのです。
今日は、息子の塾の送迎の合間に、ようやく拝見。
#ちょっと体調が悪い日は、映画を観るより駐車場の車で寝るほうを優先したりしてたので。
#ちょっと体調よくなってきましたかね。(^^)

最初の30分は見損ねましたが、まぁ、キングダム・オブ・ヘブンHPをみれば、想像はつく。
http://www.foxjapan.com/movies/
あたりから。
いやぁ、根底にながれる、「なんのために戦うのか」は、この時期いいテーマ。
十字軍さえ、「神のためといいながら、本当は富や領土のためではないか」と。
オーランドブルームも、いい感じ〜♪
TROYのパリスの腰抜けとはちがって。
結局、戦いはあったけれど、最後は皆殺しにならない道を選ぶ。
戦いから逃げるのではなくて、人の命を守る方向へ。
あんまり、噂にもなってない映画ですが、この時期だから、たくさんの人に見て欲しいかな。

2時間の逃避。
2時間のストレス解消。
2時間、ちょっと違う世界へ。
面白かった。(^^)
posted by MEW at 22:59| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

ボーン・コレクター

今日は、いろいろ忙しかったりで、
夕方から、寝たきり〜、でした。
TVをだらだら垂れ流しでつけていたら
あら、ボーン・コレクターだ。
というわけで、観ました。
娯楽作品〜というか、まぁ、ちょっと気持ち悪い事件だけれど、面白かったかな。
デンゼル・ワシントン、やっぱ、妙に魅力的だね〜。

と、観てないDVDもたまっているのだけれど。

夕方からずっと横になっていたので、ちょっと体調がもどりました。
ああ、日曜日がもう一日ほしいぞなもし。
というか、土日予定はいりすぎかな。
posted by MEW at 00:17| 和歌山 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

ロアルド・ダール の 本

以前に息子が、テストかテキストにでてきた物語の続きをよみたいといわれて
ネットで注文したのだが、
最近、ジョニー・デップが主演の映画になるということで、
「読みたいから貸して」と息子にたのんだら
ガラスのエレベーター...の本は発見できたらしいが、チョコレート..のほうが見つからないとのこと。
ま、いっかぁとおもっていたが、やっぱり、小さい本で注文することに。



検索をしていたら、こんな本も!

もちろん、買いですね。(^^)

posted by MEW at 11:32| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

誰も知らない

ちょっときれぎれでしたが、閑をみて、DVD見ました。
昼休みと営業後に...。
モチーフとなった事件もちょこっと検索してみました。
でも、事件とは、まったくちがったほの明るいものになってました。
といっても、事件が、外野からみているものとはちがったものだったかも。

それにしても、急に、「ちゃんと母さんしよう」と思い
やおら、今日の息子の夕飯の弁当を念入りにつくっていました。
夜にも、ちょっと息子とかかわったり。
「ありがとう!」という息子が、やっぱりかわいい。

事件の子どもたちがどうなったというよりは、
この映画の子どもたちは、どうなっていくのかなと、気になります。
誰も知らない、その後...とか。

でも、誰も知らない のような、生活をしている子どもたち
他にもいるのかもしれませんね。

で、いろいろ検索していたら、おかぼれもんさまんちで、誰も知らないの劇場観賞のお話がありました。劇場でみたら、もっと、想いが違ったかもしれません。
ということで、TBします。
posted by MEW at 00:08| 和歌山 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

誰も知らない

TVやラジオで、この映画の話を聞いていたが
私が気軽にみにいける映画館では、かからなかったと思う。
#私がしらなかっただけかもしれないけど。

YOUさんが、浮気でいい加減だけど、妙に愛情のある?母親というか女性と演じているという。話だけきいていると、とんでもない女性なのだが...。
カンヌ映画祭において、最優秀男優賞を史上最年少で受賞した柳楽優弥氏の話でもちきりだったような記憶があるけれど、その後、名前をきかないけれど、なにか映画にでているのかな。
しかし、実際にあった「子ども置き去り事件」をモチーフにしているとは...。

とりあえず、注文してみよう。


posted by MEW at 09:40| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

コトーと、BJによろしく。

ぼ〜っとしていたら、いつのまにか、新刊がでてました。
ってことで、BJ11と、コトーの15,16を、購入〜〜。

あ、でもまだ、これから仕事があるにゃ〜〜。
posted by MEW at 23:03| 和歌山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

シークレットウインドウ

みそこねてしまったので、DVDを待っておりましたが、ようやく入手〜。

面白かったです(^^;
でも、他のデップの作品(パイレーツオブカリビアンとか、ネバーランドとか)に比べると、制作費がかかってないかな。あ、でも、家を一軒燃やしてるか。って、たいしたことないのかな、他のワーナーな作品にくらべたら。
夜中のやっている、氷の微笑のような感じの(って、どんな感じかわかるかなぁ)TVの映画っぽい雰囲気。夜中にTVでやってそう。



こんどは、チョコレート工場の秘密の映画化に出演されるのかな。
楽しみです。夏あたりに公開?

しかし、シークレットウインドウでも、濡れ場は一切なし。
お子さんができてから出演されている映画では、みかけないですね。
以前は、ギルバートグレイヴでも、必要なのか?と思ったけれど、あったもんね。
そういえば、夜になるまえに、というのは、結婚前かな。
あれにでていた、オカマなデップはなんというか、なんにでもなれるのねって驚いたけれど。
posted by MEW at 23:17| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

うつくしい子ども

うつくしい子ども
icon


icon
icon

今日、大阪にでかけたので、往復の電車のなかで読みました。
あきらかに、神戸の例の事件を彷彿とさせるストーリーでした。
あの事件に関しては、いろいろ本をよみました。
少年Aの母親の手記も、被害者の親たちの手記3冊ほども。
また、ルポライターさんの書かれた本や、
かかわった少年院関係者と思われる人が書いた本も。

それらとは、ちがう切り口のストーリー。
とってもとっても重い話が、石田衣良氏の手にかかると、軽い。
といっても、書いてある内容が軽いのではなく
重大なことが、軽くさらりと書かれている。
泥水を浄水器を通して飲むような、そんな感じ。

この本の前に読んだ
娼年
icon
これも、重い重い話なはずなのに、妙にさわやかな風が吹く。
下世話なエロ雑誌に載るような話が、学校の教科書に載っていても、
あまり不思議に思わないかもしれない。

さわやかすぎて、ちょっと物足りない感じはある。
でも、それがいいのかもしれないけれど。
もうしばらく、石田衣良氏にははまりそう。

帰宅してから、TVをつけたら、コメンテーターで石田氏がでておられた。
う〜ん、やっぱり、不思議なイメージ。
ご本人も、妙にさわやか。


posted by MEW at 23:20| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画DVD本TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。