2004年06月21日

患者の病状・病歴をHPで無断公開

表記の記事を、ヤフーニュースで読んだ。
読売新聞からのニュースのようでした。
引用、リンクに関しては、してよいのかどうか、(説明は読んで見たけど)よくわからないので、検索でお探しください。

氏名はイニシャルで、本人特定は困難だが、本人の承諾は、口頭のみで書面にはしておられなかったとか。その承諾すらなかったケースもあるとか。イニシャルであれば、良いかもしれないという気がしていたが、それでもいかんようである。
日本医師会のコメントも載っているが、今後、学会などでの症例提示の場合についての患者の同意に関するルール作りが行われてないことから、申し合わせを考えねばならないとのことである。

セキュリティ(ID、パスワードなど)をかけている内側であればよいとか、学会の内部であればよいとか、個人を特定できなければよいとか、誤解があるかもしれない。自戒。
posted by MEW at 10:16| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月26日

産業医先の救急蘇生訓練

本日の安衛会で、救急蘇生訓練を、消防署からインストラクターさん(というのかな?)に来ていただいて、産業医先で施行。
これ、なかなか、見た目だけ真似しても、有効な蘇生にならないので
是非、1度講習を受けて欲しいと、思っていたのでした。

いや〜、わきあいあいと進み、質問もいろいろでるなか
やっぱり、「思ったより難しいなぁ」という声も。
そうなのです。気道確保をしっかりできていないと、肺に空気がはいらないし、心臓マッサージも、なかなか有効に行うことは難しい。かといって、強すぎると、肋骨を折ってもらっても困るのである。
しかし、これで安衛メンバーはカードをいただけるはずである。
中座はしてしまったが、みなさま結構上手になさっていた。
(^^)v
現場は結構若い人なので、免許をとるときの講習とか、学校でも講習をしてくれているところもあるので、経験者は多い。
しかし、まぁ、イザというときのために、現場でも小さいグループずつでもできていったらいいなぁ...(と、つぶやいておこう。)(笑

覚書、覚書..
消防署の方と、立ち話をしたのだが
1某高校に講師にいってるので、毎年夏休み前にそのコースだけ講習をしていたのだが、今年から9月10月に集中講義とかいわれていたので、夏休み前に私の時間はない。どうするか?夏休み後でもわるくはないが...。ちょっと考えよう。(忘れそうだが)
2救急車のETC車載機に関して。県下で載せているところはない。
希望はだしているが、予算がおりてない。無料のカードが公団に申し込めば至急されるらしい。問題は、管轄では関空あたりまでの高速しか認められてないが、緊急時はそれより遠くへいくのはOKだが、帰りをどうするかという問題があるらしい。(どないに問題やねん..とは思ったが、詳しく聞いている閑はなかった。)
とりあえず、救急懇話会に出席するので、そのときに話をだすつもりだが、うちの消防署には二台しか救急車がないので、1万円くらいのものであれば、寄付してもいいのだが...。高いものを付けられると困るなぁ..と思いつつ、そのままにはなっているのであった..。
posted by MEW at 01:13| 和歌山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月24日

健診の季節

そろそろ、健診の季節です。(^^)
といっても、私の産業医先のことなのですが。
せんだっては、バイト先の中谷医科歯科から健診に行きました。
なんとなく、みなさん健康になっておられるような気がする。
毎年、健診のデータをダイナミクスの健診らんを利用して、個人個人のデータをつくり、グラフもつくり(って、ここらへんまではダイナミクスがやってくれる)、手書きコメントとか、必要な指導内容に関係のあるパンフをつくったり、既成のものをつけたりしてきた成果だ..と、産業医は思いたい。(笑)
退職後、親交のつづいている方がいるのですが、その方より血液検査などの健診結果がメイルでとどきました。就業中はストレスが厳しかったのか、結構ひっかかっておられたのですが、退職後、禁酒禁煙と運動で、すべてがほぼ正常化!素晴らしい結果です。この方と出会い、退職後もお付き合いを継続していけてるということは、私の産業医冥利につきるなぁなどと思っています。
さて、もうすぐ、健診結果が返ってきたら、大量の打ちこみやその判断やコメント書きです。今年も楽しくできそうです。がんばらなくっちゃね。
posted by MEW at 02:14| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月09日

和歌山日赤が進化する

和歌山日赤医療センターが、めきめき進化している。
循環器部長で副院長であられた琴浦先生が、循環器部長を三浦先生にゆずられ、地域医療ネットワーク等等に専心されるようです。
日赤からの新聞には、いよいよ、HPから、会員専用ページから、検査の依頼などができるようになるようです。スバラシイ。
オーダリングシステムや電子カルテが導入され、患者の待ち時間がはるかに短縮されたのは、息子を耳鼻科に連れて通ったので、実感していたが、どんどん進化している。
インターネットを院内のLANにつなぐにはセキュリティの問題があるということで、インターネットにつながるLANをもうひとつひきまわされるらしい。
OCHISになるかどうかはわからないが、そのようなシステムが導入され、病診連携がぐっと進化するのもとても近い未来かもしれない。
posted by MEW at 02:45| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月22日

救急訓練のススメ

某高校の講師で福祉コースに行っていた時に、夏休みの前に、救急救命訓練を消防署にお願いして、していただいていた。今年からは、通年ではなく、九月頃に集中してということでありますので、おそらくそちらに割く余裕はないだろう。ちょっと困るなぁ。
産業医先でも、是非1度そういった講習をということで、安全衛生管理委員会でやっていただくことになりました。健診ではやはり、不整脈の方もおられたりはするので、救急蘇生ができる人がいるのといないのとでは、何かあったときに倒れた方の運命が違ってくる。
来月ということになりましたが、楽しみです。また、このような講習を実施することを受け入れてくださって感謝です。>産業医先様。

私は、ACLSの申し込みを、またのがしてしまった。
日曜1日をぶっつぶさねばならないので、なかなか予定が会わない。
ACSL:Advanced Cardiovascular Life Support
二次救命のことで、最近、経験しないせいか、腕がばかにおちている。
これじゃあいけないやなぁ...とは思っているのである。
次回こそ...。
posted by MEW at 19:22| 和歌山 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月14日

Spastic Angina

この二日、Spastic Anginaの発作が続いている。といっても二名だけれど。
昨日、午前中の診療で一名。本日AM6時30分に一名。
他にも、報告しなかったが、ニトロペンで治ったとか。
寒暖の差が原因か。
異型狭心症の方、要注意です。
二名は、気温以外に、ストレスと仕事の頑張りすぐが原因でした。ニトロで軽快され、AMIには至らず、お薬の増加で発作予防でOKでしたが、予断を許さない疾患ですので、該当の方はこの時期御無理なさらないように。
posted by MEW at 02:35| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月07日

イタチごっこ...タミフル(インフルエンザの薬)の記事

タミフルは、インフルエンザの特効薬として、注目&多用されている薬である。
そのタミフルで、耐性ウィルスができるという報告がでているらしい。Yahoo!ニュースー共同通信から。
タミフルで約3割に耐性ウイルスが出現

A型のみではなく、B型にも効果があるのだが、読売の記事ではA型インフルエンザの特効薬となっている点は、どうしたのだろう。勘違いなのかな。たしかに、A型インフルエンザの特効薬ではあることに間違いはないが。A型インフルエンザにたいしてのみの特効薬であれば、タミフルというよりはシンメトレルだが。
#今回の共同通信の記事ではA型とは限定されていない。

という瑣末なことはさておき、この耐性ウィルスの出現への危惧は以前からももたれていた。3割とはちょっと大きい。

三才以下で初感染だとウィルスの増殖期間が長いということであるが、大人のケースはどうなのだろう?
三才以下でなければよい..ということでもなさそうだが。
当院は、小児科ではないこともあり、対象はほとんど大人である。
印象としては、耐性出現という感じはしないが、全国的にはどうなのか。

統一的な基準とつくる必要があるのは理解できるが、どこがつくるのか?誰がつくるのか?...そして、遅すぎはしないのか。

そして、新薬がまた開発される..かもしれない。
病原体はその形をかえ、その薬に抵抗する。
イタチごっこは続く。
自分の医者という職業を含め、人間はなにをやっているのだろうと思うのである。医者は、人間の環境適応力を病気に関してだけ低下させているかもしれない。個の人間を助けることは可能かもしれないが、人類全体を見通したときに、その将来に、良いことをしているとはいえないかもしれないと、時々思う。

引用文削除&リンク先を変更しました。
読売の記事をよくよむと、無断転載禁止および、リンクも許可が必要ということで。
posted by MEW at 11:39| 和歌山 | Comment(2) | TrackBack(0) | medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月05日

心筋梗塞の死亡率の差

ホーライのゲノムさんちより
<心筋こうそく>入院患者の死亡率 病院間で3倍以上の差

このうち、死亡率の差は、発症から病院到着までの時間の違いも原因として考えられる という点が、我々開業医の留意すべきポイントである。迅速な診断と迅速な搬送が重要。送ってみたら違っていたということがあっても、その場合は「良かったね」であるが、放置しておくと命にかかわる。時間との戦いというのは身に沁みている。早ければ、元気に歩いて退院できるものが、遅れをとると致命的なことになる場合がある。
しかし、それを考慮しても、「薬剤や人工心肺の使い方の違いなど治療内容や技術が影響していると考えられた。」とは、どういうことか。治療は、かなりマニュアル化されているのではないのか。記事によると、せんだって行われた循環器病学会では 虎の門病院(東京都港区)の山口徹院長が発言した。「各病院が成績を公開し、必要なら言い訳をすればいい」 とのことである。この際、重要なのは、成績を公表させるのであれば、その「言い訳」は、ちゃんと聞く耳をもたなければならないと思う。下手に軽症だけひきうけて重症はお断りなどという病院が増えては本末転倒だから。重症度別に公表する必要があるかもしれない。重症の救命率が高ければ、逆に信頼度が上がるかもしれない。

和歌山県はどうなのだろうか。あるいは、大阪府は。
posted by MEW at 12:42| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月29日

AMI

午前中にfreshでsevereなAMIを搬送してきた。
発症後1時間で診断、1時間半で和歌山日赤へ。
時間を惜しんで、ECGだけで診断がついたので、他の検査は割愛して、搬送。救急車中でラインが洩れたが差替えている時間を惜しみ、そのまま搬送。前壁中隔〜側壁とおもわれる。#5か、二枝か...。かなり広汎。救急車内で何事もなかったのがありがたい。
しかし、救急車がETC搭載されていないので、こけそうになった。
時間を争う状態の患者さんを搬送しているときは、がらすきのETCを横目に、一般の列に並ぶなんて...。
救急車用の無料のETCカードがあるそうであるが、ETCの車戴器が、却下になるそうである。あほな...。一万円もしなくてもある時代らしい。(うちのは一万以上したけど)。なーんで、駄目やねん!
千葉の方では、救急車の動きをGPSで追って、警察のほうで、信号をかえることによって、スムーズに搬送ができるようなシステムを導入するそうだ。それにひきかえ、和歌山はETCものせんてか...。携帯用のETC器が開発されたら、自分のカードで自分の携帯ETC器もって乗ってやるのに。
それにしても、日赤のERでひきつぎをすまし、救急車内で、救急の方がフィードバック用の用紙を渡しそびれてなかなか帰ってこないのを待っていたら、循環器のドクターがわざわざ救急車までこられて、緊急カテをしますのでと御挨拶にみえられた。いや〜、感動。(^^;;最近、救急のドクターが受けてくれて、循環器のドクターを待たなくてもよくなったのはありがたいのだが、循環器のドクターにあえなくて寂しいなぁと思っていたのであったが...。何はともあれ、経過良好を祈るのみ。
posted by MEW at 16:50| 和歌山 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月28日

有田医師会学術後援会

松谷先生による虚血姓心疾患のピットフォールを聴講中。
最近は積極的治療をするので、心筋梗塞の場合に典型的な心電図変化をみることはないと。たしかに、そうかも。よい傾向ではある。心筋を助けているので、変化を来さないのである。
ひきつづき症例をみせていただき勉強中。
posted by MEW at 16:22| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月22日

アロマセラピーと咳

そういえば、昨日の研究発表のなかで、アロマセラピーと咳について発表されていた。5名中3名に効果があったとか。
和歌山県立医大の看護師さんでした。
ペパーミントとラベンダーとなんだったかな。ローズオイルだったかな。

ぷちろぐ では、お茶についてきたアロマキャンドルを水に浮かべた綺麗な写真がUPされていたが、にゃんのアロマだったんだろう。
病棟とか、待合で、匂いのきにならないていどのアロマキャンドルをともすのも、癒しになっていいかもね。
って、待合は暗くないし、子供がきたらあぶないか。
posted by MEW at 11:00| 和歌山 ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月21日

呼吸不全懇話会

在宅酸素療法の患者さんは当院では一名しかいないのだが、専門外なので、なおさらで、勉強にきた。
かなりおもしろいデータを聞けた。
慢性呼吸器疾患で写真を用いて説明をしたときに呼吸器を選択するケースがかなり減っているとか、少量の酸素吸入では加湿(蒸留水による)が不要であるとか、聴診によるえん下障害の判断だとか。
日赤のHOT患者の情報収集用紙というのが、開業医には一番関係するものかもしれないが、病診連携にまだ拡充してほしい。できれば、ITをいれてインターネットをつかったものに発展したらいいな。ちっとも、そういう発表はなかった。そこらへんは残念である。
これから、特別講演があるので、もう少しお勉強。
posted by MEW at 16:48| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月13日

インフルエンザが山をこえたかな。

この11日の休日がとても暖かかったので、インフルエンザが減ってくれるかなと思っていましたが、本日、陽性は一名で、ほっとしました。
このまま、経過してくれるとよいですね。

http://research.children.jp/flu2003/
ここで、和歌山県吉備町をみたら、ひさびさに、黄色になっていた、

報告医師の数が多分ほかより多いので、吉備町や金屋町が真赤になっていたのですが、それでも、少なくなってきたのかな。
それとも、他のドクタがまとめて報告とかで報告していなかったりして?

日本の受験の季節は冬ですけど、春とか、秋とかにできないのかな。
たまたま風邪ひいてたら、大変じゃん。
しかも、インフルエンザだからといって、入試を休むとはおもえないし。
現に、私の高校受験のときは、風疹の子が来ていたし。
健康管理も受験のうちとか、運も実力のうち...とはいわれるが、運に左右される部分をもっと少なくしてもよいのではないかなぁ。
しかし、春先だと、花粉症があるかぁ
梅雨は喘息があるかぁ
夏は暑いし、秋はうつ病と秋の花粉症が...
あれ?いい季節ってないのか?
posted by MEW at 00:15| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月05日

当院の感染対策☆マスク☆

トラッキー

今までは、空気清浄機(ウィルス対策機)を、待合と診療室において、熱発の患者さんには、N95マスクを無料提供するという形だったのですが、張り紙をしていても、なかなか熱発患者さんからマスクくださいと申し出がないので、昨日注文した、安価なサージカルマスクとN95マスクも到着したので、写真のように、トラッキーくんにも活躍していただくことにしました。
もともと、患者数が少なく、電子カルテ(ダイナミクス)でカルテ移動時間がないため、患者回転が早いため、待合で、長い時間おまたせすることが少ないため、感染機会は少ないといえば少ないのですが、できることはやってみようということです。
患者数が少ないので、マスクはサービスで出していますが、経済的に大変になったらどうしよう。(笑)当院で御用意しているのは、かみの使い捨てマスクですので、ちゃんとしたものは、薬局薬店マスクやさんで買ってくださいね。
posted by MEW at 13:48| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスクの注文

ついに、マスクを、たぁくさん、ネットで注文した。
http://www.mask.co.jp/
結構、安くて欲しいのがありました。
待ちあいでの感染予防のため、インフルエンザが流行っているときの熱発用として
http://www.mask.co.jp/disupo/nn95/n9501.htm
ここのボキメディカルの
●N95−PRマスク
売価 5,200円/50枚(1枚あたり104円)
#今も昨年いれた、SARS用といわれた使い捨てマスクを待合の熱発患者さんに無料で提供中。

それからN95ではないが、ちょっと待合で渡してあげる用に
http://www.mask.co.jp/disupo/sagikaku01/disupo01.htm
ここの川本産業の
●サージカルマスクER ゴムひも
売価 1,575円/50枚(消費税込・送料別)
サージカルマスクなので、かなり防御率はよい

あと、子供用に
http://www.mask.co.jp/disupo/sagikaku02/sagikakau02.htm
ここの
●サージカルマスク コンパクト 14枚入り (小顔用、こども用)
うちは、子供は、あまりみないが、この時期、ちょこちょこやってくるので、14枚購入してみた。

代引きで、依頼したら、本日発送メイルがもうはいりました。
便利だにゃ。

もともと、日本臨床のおねいさんにお願いしたところ、良心的で、今年は安いのがないとの由。本日、クラヤのおにーさんにも、この川本産業のサージカルマスクのHPをみせて、ちらっときいてみたけど、「え〜、この値段はではみたことない」と驚いていたので、お返事またずに、注文だしてみました。
posted by MEW at 01:48| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月31日

耳の痛いおはなし

アメリカでは訴訟社会なので開業医は最先端の知識をもっていなければならないそうだ。なのでNEJMを読んでいるとのこと。日本ではそれがゴルフダイジェストだったりすると。
頚動脈硬化と脳梗塞をむすびつける開業医がふえることをのぞむという話からのことであるが、blogのようなツールが知識の普遍化にやくだつかも。訴訟社会でなくても開業医も成長しなくては。

上記のお話はUSAで活躍されている大木隆夫先生の御講演のあとの質疑応答の中のお話でした。
posted by MEW at 18:02| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レクチャー聞いてます

メイン会場がいっぱいだったので
サブにいたのですが、すいてきたので移動。
今度は携帯が圏外だが、PHSは良好。
ライブはおわったが講演きいてかえろう。
ひさびさにエネルギーを感じる学会。
横井先生のエネルギーや姿勢、二年目という若い会だからか。
横井先生のセミナまで聞きたいな、
英語のセッションなので腰がひけるが(笑)

最先端情報などはまだ学会会場でかな
学会拝聴中
posted by MEW at 17:15| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライヴならでは

治療方針がころっと変わることはないが、専門家のコメンテーターが強い意見を出して急に一手技追加に。
いねむりしかけていたが目が覚めた。
急に、手技追加&(でもカテ室は早くあけるように)と言われた部下さんの心情やいかにと思ったが、さすがに対応は素早い。すばらしいね。

posted by MEW at 16:29| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペリフェラールインターベンションライブ

2004-01-31 14:48:50
全日空ゲートタワーホテルです。岸和田徳洲会と奈良医大からライブ中継。かなり血管の厳しい症例ばかり。
posted by MEW at 14:48| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。